社員の声voice

平成24年8月 四国鉱発入社総務兼営業職 藤澤 大輔

現在どのような仕事をしていますか?

現在は総務職と営業職を担当しております。 総務職としては、購入資材や社有車の管理など、基本的には各部署が円滑に業務を行えるようにフォローをすることが中心となります。また、請求書の発行や伝票入力などの会計業務の一部も担当しております。営業職としては、鉄鋼・化学向けのお客様を担当させてもらっており、生産計画から在庫管理、出荷手配までの業務をおこなっております。

四国鉱発を選んだ理由は?

地元企業に就職したいという気持ちが強く、高知県について調べていく中で「高知県の石灰岩は良質」ということを知り、興味を持つようになりました。

四国鉱発の魅力は?また自慢はなに?

石灰石というと、皆さんにはあまり馴染みがないように思うかもしれませんが、実はいろんな場所で使われています。例えば、学校のグラウンドに引くラインやチョークなども石灰石に作られています。その他にも鉄や鋼を作る過程で不純物を取り除くという重要な役割を果していますし、ガラスなどの化学工業、製紙工業など様々な分野で活用されています。高知県にとっても重要な産業のひとつだと考えていますし、そういった仕事をしていることが魅力であり自慢にも思います。

今の仕事のやりがいや、嬉しかったことは?

先にも述べました通り、石灰石は様々なものの原料として活用されているのですが、具体的な製品で申しますと、紙やペンキ、肥料やガラス、こんにゃくなどの食品にも使われていたりします。こういった身近なものに石灰が使われていると思うと今の仕事にやりがいを感じたりします。また、数年前の姫路城の改修時にも本県の石灰が使用されました。世界文化遺産である姫路城にも関わりがあると思うと嬉しくも思います。

休日(息抜き)は何をしていますか?

スポーツなど体を動かすことが好きなのですが、中でも野球は学生の頃から今でもやっています。数年前からは国体の軟式野球高知県代表として出場しており、非常に良い経験をさせてもらいました。その他にもサッカー、ゴルフ、バレー、スノボなどいろんなスポーツをしてリフレッシュしています。

ページ 先頭へ